防犯設備工事

防犯設備工事

防犯設備は万が一の際の対応だけではなく、設置しているだけで防犯能力が大きく向上します。
防犯に対する意識があるというだけで、不法侵入者の予防に繋がるものです。ただ単に設置するだけではなく、敢えて見えるようにしたりと設置にも工夫が必要です。

工事種類

監視カメラ取り付け

監視カメラ取り付け

防犯カメラの設置は来客の確認、不審者への威嚇、抑止、記録、車へのいたずらを防止に繋がります。防犯カメラと一言で言っても、今では様々な機能を持っているものがあります。不審者をセンサーが検知すると、ブザーで知らせるものや、その時に限り撮影し記録するなどがあります。また、不法侵入者に対してフラッシュ光と音で警告するタイプもあります。

電源工事

電源工事

防犯カメラの設置に伴い、電源工事が一緒に発生することは多々あります。なぜならば、防犯カメラの設置場所に電源がないことがほとんどであるためです。
防犯カメラの設置場所は設置できる場所であるよりも防犯機能を高める場所であることが望まれます。そのため電源工事も必須となることが多いです。

配線工事

配線工事

防犯カメラからレコーダーまでの配線工事を行います。
防犯カメラの種類によっては、無線で記録データをやり取りするタイプ、防犯カメラ内に保存するタイプもありますので、その種類やお客様の使い方によって異なります。

分電・配電工事

分電・配電工事

新たに電源を設置した場合、その容量が不足するようでしたら分電・配電の工事が必要となる場合があります。現在の電気設備の使用状況を踏まえて検討をする必要があります。

 

センサー設置工事

センサー設置工事

防犯設備を設置するうえでのポイントは不法侵入者を察知する為のセンサーの設置方法です。センサーの設置には、その建物の構造や特性などを踏まえ、最適な設置方法を検討する必要があります。

機械警報設備設置・配線工事

機械警報設備設置・配線工事

センサーで察知した後、そのあとの不法侵入を防ぐために音や光などで警戒する設備を設置する場合もあります。それぞれ、どこから電源を引っ張るか、どの場所に設置するかなどの検討が必要となります。

 

電気工事.com へのご相談はお気軽に
お電話でのご相談はこちら
03-6420-3339

営業時間9:00~18:00(土日祝日のぞく)

メールでのご相談はこちら
メールでのご相談
eject TOP